YUHAKU

  • 検索
  • LOGIN
  • cart

フリーワード

全ての商品を見る

  • カテゴリ
  • 素材
  • 価格
  • シリーズ

すでにアカウントをお持ちの方

アカウントお持ちでない方

メンバー登録

ショッピングバッグ

商品名が入ります
  • YVE110
  • 長財布 / Blue
  • 数量 : 1
  • \47,520

小計\47,520

ご注文に進む

Article

2020.02.13

世界一の手染めレザーブランド yuhakuができるまで
vol.03: 磨き

 

 

艶のある美しい表情がグラデーションを引き立てる

 

手染めと並んで仕上がりの印象を大きく左右するのが磨きの工程。「yuhaku」では、バフ掛けやグレージングなどといった磨き・艶出しの工程に多くの時間を割いている。豊かな質感や触感、艶感と、手染めによる美しいグラデーションが響き合うことで「yuhaku」の革が完成する。

 

 

 

 

艶のある美しい表情を作り出すのに、必要不可欠な機械として探し出した

 

手染めが終わった後はグレージングの工程へと移っていく。通常、グレージングは革の表面の繊維を圧力によってつぶし、滑らかで光沢のある革に仕上げるためのもの。しかし「yuhaku」の場合は、光沢を得るのと同時にイタリア製の保護クリーム及び、英国製の撥水クリームを革に浸透させ、色止めの効果を得ることにも成功している。アルコール系染料を使う「yuhaku」の場合、手染め工程で若干ではあるが革の油分が失われ、革が硬化してしまうケースがある。その僅かな硬化もここで革に必要な栄養分を補うことで、解決している。じつは、このグレージングを行う機械自体もかなり希少で、コードバンまたはエキゾチックレザーを扱うタンナー以外ではなかなか見ることができないものだが、艶のある美しい表情を作り出すのに、必要不可欠な機械として探し出したようだ。扱い方も決して簡単ではない。「ちょっとした力加減が艶に影響を与えてしまう繊細な作業。満足できる仕上がりになるまで試行錯誤を重ねました」と仲垣氏。こういった一工程ごとの精度の積み重ねが製品の大きな差になってくるという。

 

 

 

 

 

ほんの数秒バフに当てては色目を確認し、またバフに当てる。
たったひとつのパーツにこの作業を何度も繰り返していく

 

染め上がった革は熟練の職人によって丁寧にバフ掛けをされていく。磨きながらワックスを使ってグラデーションを整えていくため、この工程もとても重要だ。ほんの数秒バフに当てては色目を確認し、またバフに当てる。たったひとつのパーツにこの作業を何度も繰り返していく。正直、我々の目には単調に移る作業だが、「yuhaku」の職人達には、その永遠とも思える作業の先にある理想的な革のグラデーションが見えているのだろう。「色に関しては突き詰めれば正解が無い世界。それだけに最後の詰めの部分は信頼している職人の感覚にゆだねています」。仲垣氏が生み出した「yuhaku」の理念、そして「yuhaku」の色を受け継ぐ職人たちのスピリッツが工房に溢れていた。

 

 

 

 

 

 

中には傷とは呼べないような微細なものも、スリッカーという木製の道具で整えていく

 

革の調達や傷の確認、染めやグレージング、バフ掛けが終わると製品化への準備も最終段階へ。ここで更に念入りに行われるのが検
品作業だ。各段階でも完璧を期してすすめてきた作業だけに最終段階で検品するのはごく細かな傷やケバ立ちなど。中には傷とは呼べないような微細なものも含まれている。担当する職人が真剣な面持ちで傷を探し、ひとつずつ丁寧にスリッカーという木製の道具で整えていく。実際問題、製品になってからでは細かな修正もより難しくなる。どんな些細なことでもここで直しておくことが全体のクオリティアップにも寄与しているのだ。正直、他社でここまで品質にこだわっているところはほとんど無いだろう。「創業当初こそ、僕が厳しく見て、職人に直してもらっていたんですが今では逆ですね。職人のほうがクオリティに厳しいぐらいです」と仲垣氏を顔をほころばす。仲垣氏のスピリッツは職人たちにしっかりと受け継がれ、「yuhaku」のクオリティをより高いレベルに引き上げているのだと感じた。

Pick up 記事

長く使っていただくための正しいメンテナンス
vol.02: 引っ掻き傷編

yuhakuの製品だから出来るケア方法や、特徴など、お客様に長く商品を使っていただくためのメンテナンスです。今回はひっかき傷がついてしまった場合の対処方法。

続きを読む >

Care

2020.03.10

長く使っていただくための正しいメンテナンス
vol.01: 水ジミ編

革製品を長持ちさせるためには日頃の手入れが必要不可欠。yuhakuの製品だから出来るケア方法や、特徴など、お客様に長く商品を使っていただくためのメンテナンスです。革に水が付着してしまった時の対処について。

続きを読む >

Care

2020.03.08

世界一の手染めレザーブランド yuhakuができるまで
vol.04: 商品開発

手染めによる独特なグラデーションだけではなく、使いやすさでも評価の高い「yuhaku」。今回は商品開発について紹介していこうと思う。

続きを読む >

Commitment

2020.02.15

世界一の手染めレザーブランド yuhakuができるまで
vol.03: 磨き

手染めと並んで仕上がりの印象を大きく左右するのが磨きの工程。「yuhaku」では、バフ掛けやグレージングなどといった磨き・艶出しの工程に多くの時間を割いている。豊かな質感や触感、艶感と、手染めによる美しいグラデーションが響き合うことで「yuhaku」の革が完成する。

続きを読む >

Commitment

2020.02.13

世界一の手染めレザーブランド yuhakuができるまで
vol.02:手染め

仲垣氏が長年にわたって行ってきた絵画制作の技術をもとに、研究を重ねて完成させたのが「yuhaku」の手染め技術。革を染めながら、色を重ねていくこの技法は世界でも類を見ない独自のものだ。

続きを読む >

Commitment

2020.02.11

世界一の手染めレザーブランド yuhakuができるまで
vol.01: 革の品質管理

何色もの染料を使い、手染めで美しいグラデーションを作り出す「yuhaku」のレザー。このブランドのモノづくりは、世界でも唯一と言われる独創的な染色手法と細部にまで行き届いたこだわりに支えられている。

続きを読む >

Commitment

2020.02.10