YUHAKU

  • 検索
  • LOGIN
  • cart

フリーワード

全ての商品を見る

  • カテゴリ
  • 素材
  • 価格
  • シリーズ

すでにアカウントをお持ちの方

アカウントお持ちでない方

メンバー登録

ショッピングバッグ

商品名が入ります
  • YVE110
  • 長財布 / Blue
  • 数量 : 1
  • \47,520

小計\47,520

ご注文に進む

Article

2019.12.28

芸術性を突き詰めたコードヴァン製品の手染め

 

 

 

研ぎ澄まされた職人の感覚が「yuhaku」のグラデーションを創りだす。

 

基本的にヌメ革から手染めで色を入れていくのが「yuhaku」の流儀。だがコードヴァンを使ったシリーズだけは既に製品になったものに手染めでグラデーションを加えている。これはコードヴァンの染色方法が普通の革とは異なるため。「yuhaku」では世界的なコードヴァン専門の皮革工房であるレーデルオガワと協力し染め色にこだわった独自の皮革を使用している。製品染めの場合、手染めとバフ掛けがほぼ最後の工程になるため、この段階でのミスは許されない。それだけに職人たちは独特の緊張感の中でグラデーションを描いていくことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが染めを施す前の名刺ケース。自然な艶があるレーデルオガワの水染めコードヴァンを使っているため、この段階でも既にモノとして魅力的だ。手染めの染料は、明度の異なる4種類のグレーが用意される。天然故にベースの革の発色が一つ一つ異なるため、この4種類の中から使うものを見きわめて手染めしていく。

 

 

 

 

染料を手染め用の布に少量とりフリーハンドでグラデーションを描いていく。まずは薄グレーを使ってぼやけている境界線部分から染め始め、外側の濃いグレーの部分へと染めを進めていく。綺麗なグラデーションになるか否かはまさに職人の感覚によるところ。また、少しでも強く圧を掛けて染めてしまうと色が入らないところができてしまうため、力加減にも細心の注意が払われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

内側までコードヴァンを使った贅沢な仕上げなので、当然内側にも手染めでグラデーションを描いていく。外側と内側のグラデーションのポジションやぼかし具合が揃うように、調整を行いながら進めていく。コードヴァン以外の内装パーツを汚さないように気をつけなくてはいけないのも製品染めの難しさのひとつ。柔らかな白い布を敷いているのは表面に傷がつくのを防ぐための配慮だ。

 

 

 

 

ステッチの外側の細かな凹凸のある部分は綿棒を使って染めていく。通常の生地で染めていくだけではこの部分だけ染まらずにベースの色が残ってしまう。こうした細部にまで気を配っていくことが「yuhaku」ならではの完成度の高さにつながっている。

 

 

 

 

バフを掛けて磨き上げていく商品化直前の工程。少量のワックスをつけて磨くことでコードヴァンならではの光沢感を出しつつ、この素材の弱点である耐水性も高めることができる。艶が出ることで「yuhaku」の最大の特徴である手染めのグラデーションがより一層際立って見えてくる。最高峰のコードヴァンと芸術性の高い手染めが完璧に融合した瞬間だ。

この手間ひまかけた手染めのコードヴァンの商品はこちら >

 

Du Mondeシリーズ >

 

Diamantシリーズ >

Pick up 記事

長く使っていただくための正しいメンテナンス
vol.02: 引っ掻き傷編

yuhakuの製品だから出来るケア方法や、特徴など、お客様に長く商品を使っていただくためのメンテナンスです。今回はひっかき傷がついてしまった場合の対処方法。

続きを読む >

Care

2020.03.10

長く使っていただくための正しいメンテナンス
vol.01: 水ジミ編

革製品を長持ちさせるためには日頃の手入れが必要不可欠。yuhakuの製品だから出来るケア方法や、特徴など、お客様に長く商品を使っていただくためのメンテナンスです。革に水が付着してしまった時の対処について。

続きを読む >

Care

2020.03.08

世界一の手染めレザーブランド yuhakuができるまで
vol.04: 商品開発

手染めによる独特なグラデーションだけではなく、使いやすさでも評価の高い「yuhaku」。今回は商品開発について紹介していこうと思う。

続きを読む >

Commitment

2020.02.15

世界一の手染めレザーブランド yuhakuができるまで
vol.03: 磨き

手染めと並んで仕上がりの印象を大きく左右するのが磨きの工程。「yuhaku」では、バフ掛けやグレージングなどといった磨き・艶出しの工程に多くの時間を割いている。豊かな質感や触感、艶感と、手染めによる美しいグラデーションが響き合うことで「yuhaku」の革が完成する。

続きを読む >

Commitment

2020.02.13

世界一の手染めレザーブランド yuhakuができるまで
vol.02:手染め

仲垣氏が長年にわたって行ってきた絵画制作の技術をもとに、研究を重ねて完成させたのが「yuhaku」の手染め技術。革を染めながら、色を重ねていくこの技法は世界でも類を見ない独自のものだ。

続きを読む >

Commitment

2020.02.11

世界一の手染めレザーブランド yuhakuができるまで
vol.01: 革の品質管理

何色もの染料を使い、手染めで美しいグラデーションを作り出す「yuhaku」のレザー。このブランドのモノづくりは、世界でも唯一と言われる独創的な染色手法と細部にまで行き届いたこだわりに支えられている。

続きを読む >

Commitment

2020.02.10