YUHAKU

  • 検索
  • LOGIN
  • cart

フリーワード

全ての商品を見る

  • カテゴリ
  • 素材
  • 価格
  • シリーズ

すでにアカウントをお持ちの方

アカウントお持ちでない方

メンバー登録

ショッピングバッグ

商品名が入ります
  • YVE110
  • 長財布 / Blue
  • 数量 : 1
  • \47,520

小計\47,520

ご注文に進む

Article

2019.10.17

The Art of Flower YFIシリーズについて

-The Art of Flower YFI Series 

アート集団 yuhakuが描く世界。
  
UNITED FLOWERS田中氏の創り上げた花束から受けた印象を、アート集団yuhakuのフィルターを通してストレートに表現する「YFIシリーズ」
革のキャンバスに描いた絵を、インクジェットプリントでアイテムへと落とし込んだ。花束はすでに枯れて形はないが、各アイテムの裏側に確かに息づいている。その思考とプロセスを、共に感じてもらいたい。
突然だが、yuhakuはアート集団という側面もある。革を手染めするという行為から職人集団だと思われがちだが、色を扱うためにはアーティスト的な感性も必要不可欠。yuhakuの職人には、美術大学の出身者などが多いのはそのためだ。「YFIシリーズ」ではまず、アート集団yuhakuの新たな試みとして、代表の仲垣友博を筆頭に2人の職人と共に、三者三様のアートを作り上げた。それを高解像度でスキャンし、高密度なポリエステル生地にインクジェットでプリントを施したのが、今回のコレクションだ。ここでは、ひとつの花束から生まれたその3枚の絵を紹介したい。
  
「Bloom」(=開花する)


  代表の仲垣は
暗がりの中に映し出される花束の立体的な重なりを表現した。3次元である花束を2次元に抽象化するとき、重なり合う花々は本来であれば透けて見えることはないが、人の目で見たときには、右目と左目の差から微妙な重なりが生じる。「Bloom」は、その重なりを手染めの技法によって描き出した。また、有機的な花を無機質な正方形に置き換えることで、2次元の中で全体の調和を取っている。

      

  •   

  •   


  特筆すべきは、イタリア産の
カーフ(生後半年未満の仔牛の革)に染色を行ったことにより、血筋が葉脈のようにも見え、生命観が強調されている。その血筋はインクジェットプリントにより生地にもそのまま映し出されているので注目してみてほしい。

 

 

Drip」(=滴る)


  田中氏が花を生ける際、
霧吹きで大量の水を吹きかける。花の命に欠かせない水を与え、再び生き生きとさせるためだ。その水が滴る様子は、花束が出来上がっていく過程の中でも特に印象的なシーンである。上から下へ、霧吹きの水を纏うことで、花びらの色は一段と濃くなり、死へと向かう花の最期に美しく輝く。「Drip」は、その一瞬を切り取った。

      

  •   

  •   


  女性染色職人の尾崎は花束を
油絵で描いた。床革(革を加工する際に生まれる銀面のない革)の毛羽だった表面に絵の具を乗せ、滴る水をイメージしながら、筆を縦に動かしていく。バッグへ落とし込む前段階としてPC上でも画像処理を加えており、色味を変化させることによって抽象的なイメージを加味している。

 

 

Blur」(=滲む)


  人は花束を目の前にしたとき、往々にして花の美しさにしか目がいかない。しかし、花には茎があり、枝があり、それら全てによって花束は成り立っている。
元漫画家の染色職人の安斎が表現するテーマは、そんな花ではない部分に焦点を当てこと。着目したのは水だ。花を生ける時の水だけでなく、茎の中にも水は流れている。それは、命の流れそのものである。

      

  •   

  •   


  水のように流れるランダムな模様は、アルコールに浸した革に対して染料を流しながら染色することによって生まれたもの。水墨画の滲みを意識しつつも、自然の流れにある程度身を任せることで、計算できない模様を描き出している。

 

– 商品ページはこちらから –

Pick up 記事

yuhaku デザイナー 仲垣友博 × フラワーアーティスト田中孝幸 対談インタビュー

2019年秋冬コレクション - story 2 –

続きを読む >

Product

2019.10.12

The Art of Flower 男を引き立てる、花というアート

2019年秋冬コレクション - story 1 –

続きを読む >

Product

2019.10.12

最上級の水染めコードヴァンが生まれる現場

yuhakuで使用しているコードヴァンは、国内屈指の工房であるレーデルオガワ。今回は最上級のコードヴァンが生まれる現場をレポートします。

続きを読む >

Commitment

2019.09.01

芸術性を突き詰めたコードヴァン製品の手染め

yuhakuの特徴である手染めの技術、実はコードヴァンを使ったシリーズだけは既に製品になったものに手染めでグラデーションを加えている、その理由とこだわりをお話しします。

続きを読む >

Commitment

2019.08.30

グラデーションカラーのレザーを部分使いして光を表現

ルチェ エ オンブラ シリーズを紹介する第二弾。このシリーズではバリエーション豊富なバッグも特徴となっています。今回はその4種類のバッグをデザインからこだわりを、細かなところまでご紹介。

続きを読む >

Commitment

2019.07.22

yuhakuのルーツでもある手染めの革靴

今でこそ革小物のイメージが強い「yuhaku」だがブランドのルーツは革靴にあった。「yuhaku」を牽引する代表の仲垣が手掛ける、ルーツを今回ご紹介いたします。

続きを読む >

Commitment

2019.06.09