YUHAKU

  • 検索
  • LOGIN
  • cart

フリーワード

全ての商品を見る

  • カテゴリ
  • 素材
  • 価格
  • シリーズ

すでにアカウントをお持ちの方

アカウントお持ちでない方

メンバー登録

ショッピングバッグ

商品名が入ります
  • YVE110
  • 長財布 / Blue
  • 数量 : 1
  • \47,520

小計\47,520

ご注文に進む

Article

2019.10.28

Drawing Tote ドローイングトート

– Drawing Tote – YFI 014

画家のために作られたドローイングトート
「F6」という独特なサイズのスケッチブックを持ち運ぶために作られたドローイングトート。荷物の量に応じてマチが変化することで、見た目はいつでもスマート。「暮らしにアートを取り入れることで、暮らしを豊かに彩る」ことを提案しているyuhakuだからこそ生み出せたアイテムだと言える。

     


  F6サイズは荷物が多い人にも最適。

「スケッチブックを持ち運ぶためのバッグがほしい」。そう思っても画材店に売っているものしか選択肢がなく、結局は薄いキャンバス生地のトートバッグなどに落ち着いてしまう。しかし、アートに携わる者としてそれでいいのだろうか。そんな疑問への答えとしてyuhakuが生み出したのがこの「ドローイングトート YFI014」だ。特徴は、なんと言ってもマチをなくし、薄く仕立てたこと。F6サイズのスケッチブックや色鉛筆など、薄くて面の大きい画材を綺麗に収めることができる。ただ、これはスケッチブックに縁のない人にこそ推薦したバッグである。というのも、F6サイズの収納力は普段使いに最適なのだ。

 


  マチがないことで生まれる自由。

その収納力は、写真の通り。思い切って入れてみると、普通のトートバッグの使い勝手と変わらず、大きなものも放り込むことが可能。マチがないとは言いながらも、入れた荷物に応じてバッグが膨らむことで、自然とマチができるような作りになっているのだ。その理由は、底部のレザー部分に一枚革を使っていること。荷物をたくさん入れた際にもデザイン的な違和感が生じない。ゆえに荷物の量に関わらず、いつでもスマートに持つことが出来る。それは、マチがないことで生まれる自由だ。
 

      

 

      


  額縁のようにアートを切り取るデザイン。

デザイン上の特徴はやはり、インクジェットプリントによって花束から生まれたアートを落とし込んでいる点。そのアートを美しく見せるため、ミニマルなデザインにまとめ上げた。ブラックレザーとアートの逆目からはステッチすら排除するなど、あえて手間の掛かる製法を採用している。柄は、暗がりの中に映し出される花束の立体的な重なりを表現した。3次元である花束を2次元に抽象化するとき、重なり合う花々は本来であれば透けて見えることはないが、人の目で見たとき、右目と左目の差から微妙な重なりが生じる。「Bloom」は、その重なりを手染めのグラデーションによって描き出した。また、有機的な花を無機質な正方形に置き換えることで、2次元の中での全体の調和を取っている。
 

– 商品ページはこちらから –

Pick up 記事

yuhaku デザイナー 仲垣友博 × フラワーアーティスト田中孝幸 対談インタビュー

2019年秋冬コレクション - story 2 –

続きを読む >

プロダクト

2019.10.12

The Art of Flower 男を引き立てる、花というアート

2019年秋冬コレクション - story 1 –

続きを読む >

プロダクト

2019.10.12

最上級の水染めコードヴァンが生まれる現場

yuhakuで使用しているコードヴァンは、国内屈指の工房であるレーデルオガワ。今回は最上級のコードヴァンが生まれる現場をレポートします。

続きを読む >

芸術性を突き詰めたコードヴァン製品の手染め

yuhakuの特徴である手染めの技術、実はコードヴァンを使ったシリーズだけは既に製品になったものに手染めでグラデーションを加えている、その理由とこだわりをお話しします。

続きを読む >

グラデーションカラーのレザーを部分使いして光を表現

ルチェ エ オンブラ シリーズを紹介する第二弾。このシリーズではバリエーション豊富なバッグも特徴となっています。今回はその4種類のバッグをデザインからこだわりを、細かなところまでご紹介。

続きを読む >

プロダクト

2019.07.22

yuhakuのルーツでもある手染めの革靴

今でこそ革小物のイメージが強い「yuhaku」だがブランドのルーツは革靴にあった。「yuhaku」を牽引する代表の仲垣が手掛ける、ルーツを今回ご紹介いたします。

続きを読む >